日本契丹语·契丹文字研究新进展2011年度第2次研究会即将召开

                     
文章点击:

契丹語・契丹文字研究の新展開 2011年度第2回研究会(通算第5回目)

日時:2011年10月1日(土)10:30-18:30 
場所:東京外國語大學AA研大会議室(303) 
使用言語:日本語 
共催:平成23年度科学研究費補助金(基盤研究(B))「新出土契丹文字資料・モンゴル文字資料に基づくモンゴル史の再構成」,研究代表者 大阪国際大学ビジネス学部教授 松田孝一 
孫伯君(中国社会科学院) 
「ロシア科学アカデミー東洋文献研究所所蔵契丹大字冊子本について」 
呉英喆(内蒙古大学) 
「新発見の契丹文字資料について」 
松川節(AA研共同研究員,大谷大学) 
「モンゴル国ドルノゴビ県の契丹大字碑文の発現経緯」 
武内康則(AA研共同研究員,大谷大学) 
「モンゴル国ドルノゴビ県契丹大字碑文の解読」 
孫伯君(中国社会科学院) 
「契丹文字の符号化について」 
鈴木俊哉(広島大学) 
「孫報告へのコメント」 
全員 
総合討論 



來源:東京外國語大學亞非語言研究所

承蒙日本京都大學毛利英介先生提供相關訊息,謹致謝忱!


2011-09-15 23:23:53
    
责任编辑:康 鹏    
 
  • 中国社会科学院历史研究所辽宋金元史学科主办