烏拉熙春、吉本道雅《韓半島から眺めた契丹・女真》出版

                     
文章点击:
韓半島から眺めた契丹・女真
愛新覚羅·烏拉熙春、吉本道雅 著
B5上製・306頁・税込 7,350円
ISBN: 9784876985777
発行年月: 2011/09
 
 

【内容】
長く解読不能とされてきた契丹文字について、近年内蒙古自治区で契丹文資料が続々と発見されたのを好条件に、地道な解読作業を進め、とくに本書では、契丹文字資料の高麗関係記事と高麗史料の契丹関係記事を分析し、韓国国立中央博物館所蔵の女真大字碑文などの解読作業によって、東アジア史に関する新たな成果を発表する。
 
 
【目次】
序言
上編
第一章 契丹語史料中に現れる「高麗」
第二章 高麗史料中に現れる契丹人
第三章 『三國遺事』に見える「皇龍寺九層塔」
第四章 渤海遺族姓氏mirgir(mirgi)

下編
第一章 韓国国立中央博物館所蔵契丹小字銅鏡
第二章 韓国国立中央博物館所蔵『慶源女真大字碑』
第三章 韓国国立中央博物館所蔵『北青女真大字石刻』
第四章 韓国国立中央博物館所蔵朝鮮国王奏謝表
附 編 遼史地理志東京遼陽府条小考
結 語 『契丹小字七言絶句銅鏡』の解読から 
 
承蒙京都大学毛利英介先生提供讯息,谨致谢忱!

2011-09-27 21:36:44
    
责任编辑:康 鹏    
 
  • 中国社会科学院历史研究所辽宋金元史学科主办